QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年04月17日

癌が栄養を取っちゃうってよく言うけれど・・・・



↑ 身体は、はみでてしまっています・・・




↑ 写真を撮ったら、ちょっと迷惑そうに起き上がりました(笑)。




こんなサイトを見つけました。

癌と栄養について書かれています。

ttp://www5a.biglobe.ne.jp/~wantail/gan/gan07.html
(先頭にhつけてくださいね)

これを読んで、あのみーちゃんの旺盛だった食欲の理由がわかりました!

あれほどご飯を食べて、まったく体重が増えないのはなぜなんだろう、と・・・

すごく不思議だったのですが、癌患者は代謝機能が変化してしまうのですね。


そして、この変化した代謝は、手術などで癌を切除した後でも元に戻らない事も多いのだとか。

こんな事も知っているのと知らないのとでは、気のつけ方が変わってきますよね。 大切なことだと思いました。


ただ、福岡のある(人間用の)クリニックの先生が、ブログで

『病気については、知り過ぎない事も大切』

と、書いてあって、それも一理あるな~と思っています。


特に難病に関しては、知れば知るほど、その大変さや困難さのほうが頭に残ってしまい、希望を持つより落ち込んでしまいがちになるのかなぁと。


正しい情報や知識を得た上で、自分が何を信じて、何を選択するかが大切なのだとつくづく感じる今日この頃です。  


Posted by まはろ at 02:29Comments(2)抗癌剤治療18回目

2009年04月16日

いろんなみーちゃん。



↑ ちょっとピンボケ写真です。



みーちゃんに、日々生命力が戻ってきています。

歩いている時のふらつきが無くなりました。

床にバタンと横になる事が増えました。
(調子が悪かった時はこれがまったく出来なかった・・・痛いし、苦しかったのだと思う)

呼吸数は31くらい。 ずっと安定しているし、何より心臓の動きがずいぶん静かに小さくなってきました。
体重も増えていないので、お水もほとんど溜まっていない様子。

次回の診察はこの調子だと、金曜ではなく月曜でよさそうです。


ほっといてくれ、とか、もっと甘えたいとか、ちゃんと気を使ってよ、とか。

いろんな表情のみーちゃんと一緒に居られて、毎日がとても幸せです・・・  


Posted by まはろ at 02:34Comments(3)抗癌剤治療18回目

2009年04月15日

みーちゃん、ずいぶん楽になったね♪



↑ さりげなく、資料のうえに乗ってお仕事を邪魔するみーちゃんです。




↑ なぜか拗ねて後ろを向いています。 


今日も特に変わりなく過ぎています。

お正月の頃、べこちゃんだったみーちゃんも、もう頭がべこべこ(呼吸が苦しいので、息をするたびに頭が動く)していません。


オッサンとふたりでみーちゃんを眺めながら、

『みーちゃん、本当に楽になったね~♪♪』

と、嬉しく思いました。


でも、安心できないのが辛いとこです。

4/18、熊本に用事(何の?(笑))で行きたかったのだけど、病院の日が17か20のどちらかになりそうで、20の場合には、18、19は慎重に様子を見ていないといけないので

今回はパスかなぁ。

すごく残念ですが、仕方ないよね。

半年前から決めていた、5月の東京行きもパスすることにしました。

どちらも1泊の予定だったんだけど、たった1泊でも気を許す事は体調の変化に繋がるので
(オッサンに全部まかせるのはやっぱり不安)

今はみーちゃんと一緒に居れる時間を何より優先して大切にしたいと思ってます。。。

  


Posted by まはろ at 04:25Comments(0)抗癌剤治療18回目

2009年04月14日

今日はおっきな写真で。



↑ たまには、ちょっと大きな写真もね(笑)。


特に大きな変化はなく過ごしています。。。

食欲は、以前(一番多い時)の半分量で、ほぼ落ち着いたようです。
減る事もなく、増える事もなく・・・

もともとかなり少食な子なので、本当はこれくらいで良いのでしょうね。

でも、治療開始の頃は2.4キロですから・・・
すっごーい、ガリガリだった訳です。(いまは2.8キロくらい)

あの食欲の多さがあったからこそ、困難な時期を乗り切れたのだろうなぁと、今になってありがたく思います。


さて、みーちゃんのご飯の要求の仕方ですが、ご飯をおいている場所に、黙ってじっと立つ、というとっても静かな主張です(笑)。
もし無視していたら、30分でも1時間でも立ってます・・・多分。

忍耐の子です・・・(笑)  


Posted by まはろ at 03:14Comments(0)抗癌剤治療18回目

2009年04月13日

これからのこと・・・

今日はみーちゃん、夜まで何も食べず。
ご飯あげても、そっぽ向き(苦笑)。

でも、夜になってから、パクパクと食べてくれて一安心。

昼に爪きりしたのが、どうやら面白くなかったようだ。


みーちゃんは私がくつろいでいると、よくそばに来て座っている。

でも、オッサンのそばには、あまり近寄らない(笑)。

オッサンはお薬係りなので、きっと嫌われてるんだろう。 ははは。


みーちゃんのこれからの治療の事も手探り状態で考えていかないといけないし、

考える事が山積みで、ため息がでそう。


リンパ腫は、再発する病気だ。

腫瘍を抗癌剤で99%抑えられても1%は残るらしい。

それが増えたものをまた、99%抑える。

その繰り返し。


でもいつか薬剤は効かなくなり、あるいは寛解状態のため治療期間をあけた間に腫瘍が増えていく。

どれほど多くの猫ちゃん達が、寛解に達した後、容態の急変で亡くなっていったことか・・・

この4ヶ月間に知り合った猫ちゃんだけでも、数匹もそういう例を見ている。


だから、現状は安心とはほど遠い。

ステロイドと抗生物質を使っているため、その副作用も気になる。

みーちゃんがリンパ腫になってからというもの、私の手洗いは、1日30回を超えているのではないだろうか(苦笑)。


それでも、みーちゃんの腫瘍が消えた事は私にとって大きな勇気となった。

これから先、きっと打ちのめされるようなショックなことも起きてくることだろう。

でも、何が起こっても受け止めていこうと思う。


自分を信頼する強さを学ばせてくれた病気と先生と・・・そして何よりみーちゃんに感謝です。  


Posted by まはろ at 04:17Comments(3)抗癌剤治療18回目

2009年04月12日

ブログの模様替えです

今まで気がつかなかったけれど、このブログのカラーのなんと渋かったこと!!(笑)

うん、まさに私の気持ちがあんなカラーだったのでしょうね。。。

と、いう事でわかりやすく、ブログのカラーを変更してみました(笑)。

なんとなく、HAPPYで春らしい感じに・・・

やっぱりその時々、自分が惹かれる色って、その時の気持ちをすごく表しているのだなぁと気がつきます。






↑ 今日のみーちゃんです。


昨日、先生からは、これから心筋症のドライフードに切り替えましょう、と提案されました。

水が溜まるのは、心臓の機能が劣っているから、そちらをもっと重点的に治療していきましょう、ということで。

でも、はっきりお断りしました。

だって、みーちゃん偏食なんですもん(笑)。

嫌いなものを無理やり食べさせられてまで生きていたいって思うでしょうか。

腎臓食に変えた時には、3日間何も食べませんでした。

その後も、本当に嫌々食べていて体重もどんどん減ってきました。
(その分、らーちゃんが太っていきましたが(笑)。 らーちゃんは腎臓食、大好きなのです。)

なので、食べ物に関してはみーちゃんが好きなもので良いと思っています。

食べものの成分や組成は確かに大切ですけれど、それ以上に、おいしく食べてくれることが一番パワーに繋がると思っているので・・・・

もちろん、療養食でもおいしく食べてくれれば、そちらを選択しますけど。

不思議なのは、一時期と比べて食欲は半分くらいに減ったのに、体重が減らないこと。

と、いうか以前あれだけ食べていたのに太らなかったほうが不思議なのかもしれませんが・・。

うちの父も大腸癌だった頃、一時期すごい食欲あったので、もしかしたら癌って時期によっては食欲が増すものなのかもしれません(←素人の勝手な推測です)  


Posted by まはろ at 02:37Comments(0)抗癌剤治療18回目

2009年04月10日

腫瘍が消えた日



↑ 帰宅後のみーちゃんです♪


今日は、18回目の抗癌剤治療の日。

前回(1週間前)は、アドリアシンのみの投与なので、オンコビンは2週間ぶり、という事になります。


実は、今回は私の心の中ではとても大きな賭けをしていました。


先生は月曜日に来い、と言っていたにも関わらず、金曜日にずらした私。

途中(水曜日くらい)で、どうしようか、そろそろ行ったほうがいいかもしれない

と、かなり迷ったのですが、みーちゃんの体調を見ながら、自分を信頼する事にしました。


16回目の抗癌剤治療の日、迎えに行った時、先生から聞いた言葉は

『腫瘍が増えています。 もうオンコビンに耐性が出来て薬が効かなくなっています。』

と言う、悪魔の言葉(?)でした。


リンパ腫に一番効果があると言われるオンコビンが効かなくなってしまったら、どうしたらいいの?

と、普通思うところですが

この診察から、私の中の何かがむくむくと目覚めてきて

『病気は私が絶対に治してあげるからね』

と、固くみーちゃんに誓ったのでした。


そして、この日から毎日みーちゃんへのヒーリングが始まりました。

私はヒーリングを病気を治すためのものとはまったく思っていません。

だから、これまでにもみーちゃんにヒーリングはしていたものの、それで病気を治そうとかはまったく考えていなかったのです。

でも、今回は違いました。

先生や病院がリンパ腫を治らない病気で、もう薬も効かなくなってきた、というのであれば、私が治すしかないじゃありませんか!

今まで私は常識・・・

そう。 リンパ腫には抗癌剤を使って腫瘍を叩くのが一番、という常識を信じきっていたのです。

そんな意識でのヒーリングですから、効果があるはずがありません(苦笑)。

でも、見捨てられた時初めて、みーちゃんの腫瘍を消すためにヒーリングする事を本気で決意したのです。

そして、ヒーリング続ける中で、2回ほど、不思議な兆候が私の身体にありました。

その時、もしかしたらいい方向に向かっているのかもしれない・・・

とうっすらと思いました。 確信などは何もありませんでしたが。



さて、そんないきさつがあった中なので、気になりはじめたのが

転移

という言葉。


実は、これまでまったく転移など考えてこなかったのです。

転移より先に今の腫瘍で手一杯という感じで・・・(苦笑)


ところが耐性が出来て薬が効かなくなっている、という先生の発言を聞いたあとは、非常にこの言葉を意識してしまいました。

この言葉を頭から追い出すのに、どれほど苦労した事でしょう。

しかし、意識すればするほど、この言葉は頭から離れなくなってしまいました。


仕方ないので、とうとう転移と言う言葉を追い出す事はやめて

『天使のエネルギーが転移っ♪♪』

と、訳のわからない事を言って一件落着、としました(笑)



そして、昨日、みーちゃんの様子を2つに分けて考えてみました。

いい傾向

・呼吸数が30のまま変わらず。 とても呼吸が楽そう。
・歩いている時のふらつきが無くなった。
・なんとなく生命力を感じる

悪い傾向

・息に匂いがあった
(以前、リンパ腫発症前にやはり匂いがありました)
・食欲が落ちている
・手で胸からおなかを触るとゴリゴリしている気がする(素人判断なので、正しいのか誤っているのかさっぱりわからず。とりあえずらーちゃんと比べてみた感覚で。)


で、私は今日はもう覚悟していた訳です。

また腫瘍が増えています、といわれる事を。


で、診察に行くと、すぐ先生に中に呼ばれました。


『これからの事を話し合いたいから中に入って』と・・・

2ちゃんじゃないですけど、心の中で、キターッ と思いました・・・

あ、もちろん嬉しくないほうの”キターッ”ですけれど。

すぐにレントゲン室に呼ばれ、先生に言われた言葉は


『腫瘍が消えています。レントゲン写真では腫瘍は見つかりません』

と。

思わず診察室で涙が出てきちゃいました。

ええ、もちろん、これはまだ寛解ではなく、単にレントゲンで見えていないだけです。安心できる状態ではありません。

お水は2週間で65mlほど溜まっていましたし。
(前回は1週間で100ml)


でも、どれだけ心の中でガッツポーズ

『よしっ、よしっ、よしっ!!!』

とした事でしょう(笑)。


おまけにこのレントゲンは、今日の抗癌剤を打つ前のものです。

抗癌剤治療前に、この状態だったって、すごくない? と心の中でびっくりするのと同時に

やっぱりみーちゃんと自分の感覚を信じて良かった、と思いました。


でも、実はさらにさらに驚きのサプライズがあったのです。


それは、みーちゃんの今日のカルテを見ながら、先生が

『血液検査の結果も悪くないですよ・・・』

と、言ったので、それを覗かせてもらったときです。
(ここではいつも血液検査の結果を渡してくれないので、私は覗いています(笑))


CRE(クレアチニン)の値が、いつも2.2~2.3くらいだったものが
(治療を始めた頃が一番良くて1.8くらい。 それから徐々に悪くなっていました)

ちらっと覗き見したところ

0.2

と見えます。

意味不明なので、

『先生、この数値は何ですか?』

と思わず聞いてしまったところ(笑)

なんと、先生も検査ミスだと思い、2度も血液検査してしまったそう。

なぜだか、CREの値が0.2に下がっていたのです!!!
(2.0の間違いではなく)


こんな事がありえるのでしょうか。

一体なぜこんなことが起こったのか、私にもよくわかりません。

もちろんこれからが大切で気を抜かずにきちんと通院(抗癌剤)、投薬を続けていかないといけないのですが。


でも、とても大きな希望が見えてきたのだけは確かなのです。

そして、この希望こそが、治療を続けていく上で、一番大切なものだとつくづく思うのです。


実は昨日、このブログを閉じる事を考えていました。

もし今日の診察結果が悪かったら、ブログを非公開にして、自分の記録としてだけ続けていこうと決めていました。

私自身は、先生に悪い事を言われてもあまりへこみませんが、見ている人がみーちゃんの事を心配してしまうのが良くわかりますから・・・

そして、その記録はいつかみーちゃんが完治した時か、あるいは虹の橋を渡った時に、同じ病気で苦しんでいる猫ちゃんとその飼い主さんのために公開しようと。


これからもみーちゃんの体調は、きっと一進一退でしょう。

だけどどんな状態でも、何が起こっても

この世界では奇跡が起きる事もあるのだという事を

これを見ている皆さんが思って

自分の人生に役立ててくれたらこんなに嬉しい事はありません。


と、まるでブログが終わるような言葉書いていますが、とりあえずこれからもまだ続きますので(笑)。



今日は本当に嬉しい日。


みーちゃんと関わってくれたすべての方へ、

みーちゃんの命を救ってくれてありがとう。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
みーちゃんの頑張りにほろっと来たら、ぽちっとクリックお願いします♪  


Posted by まはろ at 23:08Comments(15)抗癌剤治療18回目