QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年12月27日

再出発

昨日、金スマでオノ・ヨーコさんの2時間番組ありましたね。

とても素晴らしい番組でしたが、ご覧になった方、いらっしゃいますか?


その番組の中で流れたこの曲

『(Just Like)Starting Over』

ジョンの曲とは知らなかったけれど、どこかで耳にしたことはある、という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか・・・



みーちゃんがいなくなってから・・・

私はずっと心の中で自分に問いかけ続けました。

『なぜ、この世界で一番大切な存在が居なくなってしまったのに、生き続けなくてはいけないの?』と。

その意味がまったくわからなかったし

みーちゃんが戻ってきてくれるなら、本当に何もいらないと思った。

でも、一番欲しいものを手に入れることは、もう絶対にない。

永遠にないのだもの。


元気になりました、と言っても心の中では、いつもいつも

『みーちゃん、お願いだから戻ってきて』

と思っていたし

みーちゃんを手放したくなかった。


いつか(生まれ変わりではなく、そのままの姿で)帰ってきてくれるかもしれない

幽霊でもいいから、どこにも行かずに、ここに居て欲しい

情けないけれど、これが、本音。




椅子の下を覗いて、おやすみの挨拶をしたり

クローゼットの奥を覗いて声をかけたり



この執着がいけないものだとわかっていても

どうしても・・・手放すことは出来なかった




だけど、昨日、TVでこの曲を聴いたとき

はじめて


『手放そう』 と思った



その時、まだ曲のタイトルも知らなかったけれど、なぜか、そう思った。



番組終わってから、曲の名前と、歌詞を探しました。

(英詩と、訳詩、両方こちらのサイトに載っています。)


ジョンの遺作アルバムとなった 『DOUBLE FANTASY』 に収められているこの曲

『(Just Like) Starting Over』

私は、何度聴いても同じ部分で涙してしまいます・・・



No-one's to blame, I know time flies so quickly




この曲の歌詞はまるで、亡くなった後のジョンからヨーコへのメッセージのよう・・・


そして、同時に私へのメッセージでもあったのだな、と。


これが、天国に行ったみーちゃんから私へのクリスマス・プレゼント。



私は、みーちゃんがリンパ腫になった時

『この子はクリスマスに居なくなる』

そう思った。


だけど、クリスマスを過ぎ・・・1年経ち・・・

結局は12月になる前に居なくなってしまった。


予感なんて、はずれることはいくらでもある。

だからあまり気にしていなかったけれど。


みーちゃんは、いま、やっと天国にいけたのだと思う

本当に、本当に

クリスマスに居なくなった・・・・




Starting Over とは、再出発 という意味合いらしいです。


新しい形で、もう一度愛し合うんだ、と。


私は、部屋の中で、みーちゃんに声をかけることをやめました。


どうしてもどうしてもどうしても

手放したくなかったけれど


手放した時にはじめて

私の心の中に戻ってきてくれることも知っていたから



ようやく、それを選択することが出来た気がします


長い時間かかってごめんなさい

あなたを天国になかなか行かせてあげられなかった

弱いママを許してね



私の心の中で

永遠にあなたが生き続ける事を選んだ瞬間

新しい形の愛が生まれた



それが

私の Starting Over



短い命を私に預けてくれてありがとう

出会ってくれてありがとう



みーちゃんが亡くなって、あと5時間でちょうど1ヶ月。

とても長い時間のようでもあり

あっというまでもあった。



生きている時間には限りがあるけれど

魂には限界はない



そして、愛にも・・・




あなたが居なかったらきっと

人生で、こんなに深い愛に触れる事はできなかった


私はなんてつまらない人間になっていた事だろう



世界中が闇に包まれても

私の心の中には

変わらない愛が、永遠に存在し続ける



永遠に。  


2009年12月24日

去年のクリスマス・イブ

去年のイブは、みーちゃんの抗癌剤治療の日だったので、よく覚えている。

朝早く病院にみーちゃんを預けて・・・・

確か夜の9時くらいにお迎えに行ったと思う。


それまでの時間、家の中は寒くて、ガラーンとして、真っ暗で。


みーちゃんが居ないだけで、こんなに家の中が寂しくなるのかとびっくりしたものだった。


毎年、あれやこれやとそれなりのお料理を作ったりもするのだけど、

去年は、みーちゃんが家に居ないというだけで食べる気がせず

お迎えが終わるまで、ご飯食べずにまっていようね、と家族と約束して

そして、お迎えの時に、近くのお店でケーキを買って帰った。



毎年クリスマスは、ケーキのローソクを消す時、みーちゃんを抱っこして

みーちゃんと一緒にその炎を見ながら 『綺麗だね~』 って語りかけて

それから、ふーって火を消した。

初めてみーちゃんが家に来た年からずっとずっと続けてきたこと。



通院は、時に大変なような気もしたけれど

今となっては

本当に幸せな思い出でしかない


この1年間、朝起きる時、まっさきに考えていたのは、いつも

「みーちゃんは、どこにいる? 大丈夫? 何か大変なことになってない? 息が止まってない?」



久しぶりに、昨日、こんな気持ちで目が覚めた。

でも、、、起きてからハッと気がついた。

もう居ないんだっけ・・・


私は、いつもいつも心配だった。

朝、起きたらみーちゃんがこの世界から、居なくなっている気がして。

寝ているみーちゃんの姿を探して、それから呼吸を確認して、やっと安心した。


いつも、私の取り越し苦労だった。

みーちゃんは、穏やかに眠っていた。

心配していたような事は、何も起こらなかった。



だけど、やっぱり最後は

私が寝ている間に逝ってしまった。。。。  


2009年12月15日

まだ帰ってくるような気がする

しつこいです。

未練たらたら。

みーちゃんが、ひょいと帰ってくるような気がする。

もう体、ないのに。


毎日家族に

みーちゃんの思い出ばかりを話してます。

でも、いくら話しても話したりない。



かえってきてほしい。

無理なのわかってるけど。


いつかいつか

絶対にかえってきて。


姿、形は変わっても

絶対に見つけてあげるから


もう一度

うちの子になって  


2009年12月11日

お買いもの

今日、みーちゃんが亡くなってから初めてお買い物に行った。

亡くなる4日前くらいに買い物行ったきりなので、17日ぶりくらい。


ドラッグストアで、ペットシーツが目に入った。


この前、みーちゃんに山ほど買ってあげたっけ・・・

あの時は、心の中で

「ほんと大変だなー」

なんて思ってた気がするけれど、今にして思うと全然大変なんかじゃなかった。


みーちゃんが私のお布団の中でおしっこしてもいいように、敷布団をやめて、布+電気毛布で固い床の上に寝ていた私(笑)。

今日、それを止めて、元の布団に戻した。


もうずいぶん、固い床の上に寝ていたので、すっかり体が馴染んでしまい

逆に低反発マット(トゥルースリーパー)が、体が沈みすぎて勝手が悪い(笑)。


いろんなものが少しずつ、片付いていく。。。


ずいぶん遅くなったけれど、みーちゃんのお仏壇のための道具も買ってきたので

明日きちんと作ってあげようと思う。


帰りに宝くじ(スクラッチ)を3枚買ったら、2,000円当たっちゃった。

すげー嬉しくて涙が出た(笑)


もう少し落ち着いたら、友人の志織ちゃんに、とんぼ玉で、メモリアルペンダントを作ってもらおうと思う。


買い物から帰宅して、玄関をあけても誰も迎えに来てくれなかった・・・

当たり前だよね。
(※らーちゃんは、絶対に出てこない)


そんな当たり前な事のひとつひとつに、まだ胸が痛むけれど

悲しくなくなるほうが、なんだか怖いから

きっとこれでいいんだと思う  


2009年12月07日

誓い

愛しい愛しい・・・


かけがえのない私の宝物だったみーちゃん。



いまになってやっと

あなたが私にやってくれた事の意味の数々が

わかりかけてきたみたい



たくさんの愛をありがとう


これからの人生のすべてをかけて

私はその愛を還していきます  


2009年12月06日

夢を見ました・・・

みーちゃんが亡くなって・・・・

ちょうど1週間目の朝

夢をみました



初七日とは、本当によく言ったものですね

7日というのは、人間の心の区切り

あるいは

本当に、魂の区切りなのでしょうか



夢の中では・・・

なぜか坂本龍一氏が出てきて

彼がらーちゃんをすごく可愛がってくれるのです(笑)。



でも、その後、私の背後のほうから、ヨタヨタとみーちゃんが出てきて・・・

わたしは

『あれ?みーちゃん死んだはずなのに、どうしてここにいるの?』

って不思議に思っていると


私の目の前で・・・・


うんPしていきました(爆)


でも、なぜか嬉しかった(笑)


ヘンな夢。



皆さん、コメントのお返事が遅くなっていてごめんなさい。

でも、皆さんのコメントに本当に勇気をもらい、元気を貰っています。

明日にはお返事が書けそう。


私も少しずつ、心の社会復帰をしていかなくては、と思っています。


このブログはもうしばらく続けますので

良かったら、たまに覗きにきてくださいね。