QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年12月14日

内緒で・・・

オッサンには内緒で、今日は写真をアップ。





みーちゃんにお薬飲ませてるとこ。

みーちゃんが嫌がって暴れているの、わかるかな?(笑)


オッサンはお薬飲ませの天才だ。

人には、何かしら才能があるというが、まさかこんな才能があったとは!


すごいよ、オッサン。。。見直したよ。。。

これからも、お薬、たのんます。  
タグ :お薬


Posted by まはろ at 02:37Comments(2)抗癌剤治療1回目

2008年12月13日

1回目の結果

夕方、動物病院へ、1回目の抗がん剤投与後の診察に行ってきました。




↑ 暖かな日差しの中で、お昼寝していたみーちゃんは、わたしに叩き起こされて、キャリーに入れられた・・・



体温:38.5度

体重: 2.4キロ

初診のとき、2.55キロくらいありましたが、200gくらいは胸に溜まっていた水の重さだったのですね(泣)


エコーで胸部を見たところ、腫瘍の影がずいぶん薄くなってた!!

1/5くらい消えたって感じだろうか。


わー、やっぱり効果あったんだ。

かなり少ない量で大丈夫かな、と思ってたけれど、良かった~赤面


16日(火)に2回目の抗がん剤治療の日が決まり、前回と同じ、抗生物質、ステロイド、胃粘膜保護のお薬を貰う。


その後、みーちゃんを連れて帰り、わたしとオッサンは買い物のため、再び外へ。


ハンズマンで、一番おいしそうな猫のご飯はどれだろう、と物色し、お花を買い、用を済ませ家に戻ると。


みーちゃんが、玄関まで出迎えてくれた!!


元気な頃は、いつも外から帰ると、みーちゃんが玄関で待っていてくれたものだ。


あと、何回こうやって迎えに来てもらえるんだろう。 

こんな些細な事が、とんでもなく嬉しい。 一瞬、一瞬が奇跡の連続だ、と思う。

神様、こんな素晴らしい時間を、もう一度与えてくれたことに感謝します。 本当にありがとう。




↑ 身体は痩せてガリガリのみーちゃん。 なんか頭だけおっきくて、ヘンな写真(笑)

となりには、またもやオッサンの腕が(笑)。

前は写真撮るのを嫌がっていたオッサンも、最近はとても協力的になった。

わたしがどんな気持ちで写真を撮っているのかきっと知ってるんだろう。 ちょっとだけ優しいとこもあるもんだな(笑)  
タグ :診察


Posted by まはろ at 01:27Comments(0)抗癌剤治療1回目

2008年12月12日

昨日は

セミナーの開始時刻に、みーちゃんが催眠椅子(催眠療法用の椅子)の上に座っていた。

こんなことは久しぶり。。。




↑なんだか後ろの光が、後光のように見えます(笑)





みんなにみーちゃんを見てもらいたかったので、そのままにして、お客様が部屋に入ってからみーちゃんを奥に抱きかかえて連れていった。


もう人前に出る事はないかなぁと思っていたので、すごく嬉しかった♪



明日は診察の日。

抗癌剤の効果がどれくらい出たのかがはっきりとわかる。


血液検査の結果、今回の副作用がそれほどたいしたものでなければ、次回の抗癌剤の量を通常の1/3まで増やすそうだ。

ん~~複雑な気持ち。


せっかく辛い治療をするのだから、効果が出てほしい。

でも、骨髄抑制とか、免疫が弱く感染しやすくなったりと、副作用も気になる。


結果見るの、怖いなぁ・・・


これまで自分の事で、「怖い」なんて思ったことなんかほとんどないのに。


ガンの疑いで入院していたときも、全然怖くなかった。


自分の命の決断ならともかく、他の命に関わることの決断を自分がしなくてはいけないなんて

なんて辛い事なんだろう


そう考えると、お医者様というのは、本当にすごい仕事をしているんだなぁ、と思う。


あ。それから。

みーちゃんの口臭が無くなった。

ずっと、腎不全のせいで口臭がしているのだとばかり思っていたのだが

あの息は、リンパ腫からの匂いだったのだろうか???
(それとも胸水の匂い???)


ガン患者に特有の匂いがあることはよく知られているけれど

リンパ腫にも匂いがあるのかな。


腎不全と思っていなかったら、もっと早く病気を見つけられたのかもしれないと思うと胸が痛みます。


ごめんね、みーちゃん。  


Posted by まはろ at 00:07Comments(2)

2008年12月11日

ああ、やっぱり本当なんだなぁ

8日に抗癌剤を投与して、今日で3日。
11月中旬の具合が悪くなる以前と同じくらいの食欲が。


うあ~ん、嬉しいっす。。。


胸腺型のリンパ腫の初回抗癌剤はとてもよく効くと先生が言っていたけれど、本当なんだなあ・・・


昨日の夜も、みーちゃんは私のお布団の中へ、電気を消すとすぐに来てくれた。

腕枕をしながら、調子にのって、布団の中のみーちゃんへレイキ・ヒーリングをやってみる・・・

案の定1分くらいで逃げられてしまった(笑)


ま、1分だけでもしっかり出来たからいっか。


今日の夜は、焼いたさんまを少しだけ手でむしって(?)あげた。

とてもおいしそうに食べていた(ガツガツと・・・)


おしっこの量も、ずっと少なかったのだけど、元に戻ってきた。


あ~こんな普通の事の1つ1つに、嬉しすぎて涙が出そう(笑)。



大切な人を亡くしたとき、病気や事故で意識不明になったり、話がもう出来なくなった時

たった一日でいいから、戻ってきて欲しい、と。


きっと誰でもそんな気持ちになった体験を持っていると思う。


神様は私のもとにみーちゃんを戻してくれた。


ありがとう。 一瞬一瞬が切ないけれど・・・大切にします。




↑ドアのそばにちっちゃく見えるみーちゃん。 この位置に座ってこちらを静かに見るのが、みーちゃんのご飯催促法(笑)。

知らんふりをしていると、いつまでも辛抱強く待っています・・・  
タグ :3日目


Posted by まはろ at 01:02Comments(2)抗癌剤治療1回目

2008年12月10日

抗癌剤投与初回



昨日、午前中に動物病院にみーちゃんを預け、お仕事終了と同時に動物病院に迎えに行く。

受付で待っていたとき、診察室の奥からみーちゃんの声が・・・

か、かわゆい。。。(←完全なバカですタラーッ


みーちゃんの声のトーンとか鳴き方とか独特のバイブレーションがあって、私の胸をとってもくすぐる。
他の猫が何匹いてもすぐにみーちゃんとわかるような鳴き方。


帰宅してからのみーちゃんは、すぐトイレに行って、その後は、何も食べず、押入れに引きこもってしまい、ずっと出てこなかった。。。

やっぱり、しんどかったのだと思う。

抗癌剤もそうだけど、慣れない場所に一日いるのは、かなり負担だったのだろう。

その後、夜になってわたしの部屋のほうに出てきてくれたけれど、ご飯は食べなかった。


そして、今日。

ほんの少しだけど、ご飯を食べてくれた。

上の写真は、お昼を食べながら、撮ったもの。写真の左側にちらっとオッサンの腕が見えています(笑)。

今日のみーちゃんはものすごく甘える、甘える。

私がトイレにいくと、ふらふらしながらついてくるし、キッチンに行くとやっぱりついてくる。

ん~~しんどいのだから、ついてこなくてもいいのに。。。。

右に行くと、右に。 左にいくと、左に。

でも、ゆっくりだからみーちゃんが動きかけた途中で、すぐに私が戻ってきて、みーちゃんはリターンの繰り返し(笑)。


身体を張って愛情を精一杯表現してくれている姿を見ると、泣けてきてしまう。

少し気になるのは、左と右の胸部の大きさが違うこと。

上から見ると、左側のほうが膨らんでいる。

もしかすると、こちら側の水は抜けなかったのかもしれない。 今度先生に聞いてみよう。
(胸水が溜まっていたとき、胸部はパンパンに膨れていた。)


あ。それと。

朝寝ていたら、みーちゃんが私のお布団の中に入ってきた。

こんな事は、何年ぶりかのこと。

オッサンの布団にはよく入っていたのだけど、私の布団には入らないのだ。

理由は簡単。

私がよく寝返りを打つから嫌いらしい(笑)。

みーちゃんに腕枕してあげて、このままずっと眠っていたい・・・と思っているうちに目覚ましに起こされた。

明日の朝も来てくれるかな。  


Posted by まはろ at 00:19Comments(4)抗癌剤治療1回目

2008年12月09日

みーちゃん専用ブログです♪

このブログは、ヒーリングスペースAngel Catのオーナーまはろが、愛猫みーちゃんとの日々を少しでも記録に残しておきたい・・と思い、立ち上げました。

普段のわたしは、人に弱いとこを見せるのは大嫌い。常に強くあらねば、と思っています・・・

が。。。

みーちゃんのことになると、ダメなのですね。 途端に弱っちくなります(笑)

なので、こちらはお仕事の私の顔とはまったく違って、完全プライベート、弱っちいまはろ全開で、情けな~く(汗)書いていきたいと思います。


私は【みーちゃんのためなら死ねる】と、14年間言ってきました。

いま、まさにみーちゃんが命に関わる病気になり、私の命をあげても惜しくないほど愛しているものと別れなくてはいけない辛さをどうやって乗り越えていけばいいのだろうと

まだロスしていないのに、既にペットロスがはじまっている(?)、情けないわたしです・・・(笑)

そして、同じ病気の猫ちゃんを持つ人のために、少しでも役立つ事があるかも、と闘病の記録を書いておこうと思います。。。

少しでもこのブログが長く続きますように。



みーちゃんの2倍の体重がある、らーちゃん。

みーちゃんの上にどうしても乗りたいらしく、何度追いやっても、すぐにみーちゃんの上に乗っかってきます。
困ったものです・・・  


Posted by まはろ at 02:31Comments(7)はじめに