QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

2009年11月28日

世界が色を失った日

自分の気持ちの整理をつけていくためにも、これから少しずつみーちゃんの事を書いていきたいと思います・・・

こんな事を書くのは、いけないことだとわかってはいるのですが

正直、いまの気持ちは

『なんで、私だけ生きてるんだろう?』

と、いう感じです・・・


この世の中の、どんな胸躍る体験も

素晴らしいと思える時間も

楽しい遊びも、音楽も恋愛も


私にとっては、みーちゃん以上のものではなかったのだと

改めて思い知らされています。



みーちゃんが居なくなることへの覚悟は出来ていました。

2週間くらい前でしょうか・・・


私はみーちゃんを抱きしめながら

『辛かったら、もう頑張らなくていいんだよ。 いつでも向こうの世界にいってもいいんだよ』

と言っていました。


なのに、いざとなったら、何の心の準備も出来ていなくて


自分の心の核が無くなったというのか

自分の一番大切な部分がすっぽりともげてしまって

ただの抜け殻になってしまったような

そんな感覚なのです。


配偶者や自分の子供を亡くされて

生きる希望をなくしてしまう方々の気持ちが

いまなら痛いほどわかるような気がします。


後悔しないために、一生懸命頑張ってきたつもりなのに、

正直言って、いまの気持ちは、後悔ばかりです。



だけど、宮崎に来て、住まいと仕事場が同じになったために

みーちゃんと長い時間を一緒に過ごせるようになったこと

特にこの1年は、どこにも出張に行かず、そばにいたので

本当に濃い時間を過ごせたこと


これだけは良かったのかな、と思っています。


たぶん、これから先どんなに長く生きても

みーちゃん以上愛せる存在には出会えない。


父親が亡くなったときより、母がアルツハイマーになり人格や思考が変わり

昔の母が、この世界から居なくなってしまったことより

もっともっと、辛くて悲しい


情けないけれど、仕事している以外の時間はずーっと

まるで子供のように、声を出して泣いています・・・


神様は、私にみーちゃんを預けてくれた

だけど

きっともう預けるに値しないと判断されたのでしょう

みーちゃんは、神様のもとへ還っていきました・・・


リンパ腫と診断されて、ほぼ1年。

出会ってから15年と2ヶ月。

あっというまの日々でした。


私の命より大切な存在だったみーちゃん。

でも、もう自分の命より大切な存在はこの世界にはいません。

私の世界の色は、みーちゃんと共に消えてしまいました。



※写真は、亡くなる20日前のみーちゃんです。



同じカテゴリー(最後のみーちゃん)の記事画像
本当の気持ち
永眠しました
同じカテゴリー(最後のみーちゃん)の記事
 【記録】最後のみーちゃん (2009-12-08 02:54)
 【記録】亡くなる2日前のみーちゃん (2009-11-30 01:19)
 【記録】11月のみーちゃん。 (2009-11-30 00:09)
 【記録】6月~10月までのみーちゃん。 (2009-11-29 23:24)
 本当の気持ち (2009-11-29 05:21)
 永眠しました (2009-11-27 14:11)

この記事へのコメント
まはろさん・・みーちゃんは まはろさんにとってとても大きな存在だったことを・・改めて感じています。

15年と2ヶ月思い出がたくさん有るでしょうね。

神様は まはろさんに みーちゃんを預けたのは・・・・まはろさんだからですよ

預けるに値しないなんて思って
ませんよ。

そんなこといったら神様もみーちゃんも怒りますよ。

まはろさん
ももママはこう考えたの
お空に引っ越したももちゃんに出来ることって何?
どうしたら喜んでくれる?
そう考えること自然に答えが見えてきた。
一人でなかった・・悲しみを共にしてくれた友をももはたくさん残していってくれた。

まはろさん
みーちゃんは まはろさんに今何を望んでるでしょうね。

まはろさん ここでいろいろな思い全部吐き出して・・・きっと整理できるから

そして ももママにつき合わせて
ください。
Posted by ももママ at 2009年11月28日 23:58
>ももママさん

ありがとう。

正直、いまの私には自分の悲しみが大きすぎて、みーちゃんの気持ちがさっぱりわかりません。

でも、きっといまはそれでいいんだろうと・・・

別れるためには、そういう時間が必要なのだと思います。
Posted by まはろ at 2009年11月29日 04:51
>この世の中の、どんな胸躍る体験も

>素晴らしいと思える時間も

>楽しい遊びも、音楽も恋愛も


>私にとっては、みーちゃん以上のものではなかったのだと

>改めて思い知らされています。

私の猫も、リンパ腫と診断されました。今は私も、数週間前とは全く違った「色を失った世界」で、このブログを読んでいます。そして、まはろさんの一言一言に、この気持ちは自分だけじゃないんだと知り、救われています。

猫が病気になって、猫がどのくらい自分の人生を彩っていたか、よくわかりました。

私の世界で一番、一番大切な宝物は、あと1年もしないうちに神様にお返ししなければならないようです。

自分が誰かも分からなくなりそうな悲しみの中、まはろさんのブログに救われています。

まはろさん、みーちゃん、本当にありがとう。

残された時間を大切にします。
Posted by トラのかあさん at 2016年06月21日 21:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
世界が色を失った日
    コメント(3)