QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

2009年01月06日

苦しかった原因は…



どうやら心臓のまわりに溜まっていた水でした。

心筋症なのだろうか、抗がん剤の副作用なのだろうかと、心配し、今日の抗がん剤治療を延期してもらったのに、なんと水だと!

いや、私実はかなりしつこく言ってたんです…

水抜いてもらえないんですか?って。

そしたら抗がん剤打つと水無くなるから、と言われて信じてしまってました。


治療に関しては何をどれくらい信じるかのバランスの難しいことを実感します。

あと1時間くらいで連れて帰れるので、それまで待機です。

※今日の写真は4ヶ月前の写真です。扇風機の振動が好きで、夏は良く扇風機の前に横になってました。



この記事へのコメント
そうでしたか。

お水は抜いてもらえましたか?

私の愛猫のエリという猫は心臓の病気で現世が終わりました。

鹿児島のブリーダー(?)から頂きました。今考えたらあんな酷い方はいません。
チンチラを頂き(買い)に行った際、血統書はあるものの「この子はただで持って帰って」と押しつけられたのが、トラ刈りにされていたヒマラヤンの子でした。
すでに私はヒマラヤン2匹と生活をしていたので、「ここに置いていたら殺されてしまう」と思い引き取って帰りました。

愛らしい子で、私にくっついて離れませんでした。死ぬまで。

おそらく近親の繁殖をしていたらしい。と獣医さんに言われました。心臓が体いっぱいに肥大してました。
でも8年ほど頑張って生きてくれました。奇跡の子。

手の施しようが無いと言われ、最後は壮絶でした。今思い出しても涙がでます。

みーちゃん、心臓、きっと苦しいでしょうね。

まはろさんのお気持ち、お察し致します。頑張ってとしか言えません。

みーちゃんも頑張って!!
Posted by とりにてぃ at 2009年01月06日 20:20
みーちゃんかわいいですね~
はじめてお顔をちゃんと見ました。

どんどん先生には言っていいと思います。
うるさいくらいに… 
猫ちゃんの治療は言葉が話せない分、先生も難しいと思うので飼い主であるまはろさんがわかることもきっとあるはず

みーちゃんはきっと大丈夫!
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2009年01月06日 20:48
>とりにてぃさん

そんなブリーダーさんもいるのですね・・・
ヒマラヤンは、心臓の病気、多いそうですね。
エリちゃんは、苦しいのに8年も頑張ってくれたのですね・・・
なんて勇敢で、健気なんでしょう。

動物達のそんな話を聞くたびに胸が痛くなります。
そして、私たちも、また頑張って奇跡を創らないと!と、勇気が出ます。
いつもありがとう。


>ごえちゃん

ありがとう。

わたし、あまりうるさい人間にはなりたくないのですけど、いつも一緒にいるからこそわかることも多々あるので、先生には本当に迷惑なくらい色々言っている気がします・・・

きっと、モンスターペアレンツです(笑)。
文句は言わないから、モンスターではないかな・・・(汗)

治療とは病院まかせでも、飼い主の気持ちだけでもなく、本当に動物と病院と飼い主の三者一体でやっていくものなんだなぁと、つくづく勉強になります。

頑張ります!!
Posted by まはろ at 2009年01月07日 00:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
苦しかった原因は…
    コメント(3)