QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

2009年03月17日

大切なもの



この3日間ほど、朝から晩まで出かけていて、オッサンに留守中のみーちゃんのお世話をおまかせしていた。


オッサンもそれなりに、みーちゃんのお世話をしてくれているのはわかるけれど

私が帰ってくるなり、すぐにみーちゃんはご飯催促・・・


お水も・・・器にほとんど入っていないし・・・


去年まで私が出張している間もこんな感じで面倒みてくれていたのかな・・・


そう思ったら、みーちゃんのハートの寂しさや悲しみは私が作っちゃったのかなって思った。


病気と向き合うときに、病院のお薬よりも、もっともっと大切なもの。


それはその子を心から大切に思う愛情なんだ、と思った。


きっと、みーちゃんは私にもっと家にいて欲しくて

もっといっぱい愛して欲しくって

でも、そんな声を私は忙しくて聞いてあげれなかったのかもしれない。


と、言っても過ぎ去った過去のことを今更どうこう言うつもりもなく(笑)

ただ、これからの時間を改めて大切にしていこう、と。



この地球上に肉体を持って存在してくれるみーちゃんの事を

心から愛しく思います。

ありがとう。

同じカテゴリー(抗癌剤治療14回目)の記事画像
お布団みーちゃん
同じカテゴリー(抗癌剤治療14回目)の記事
 ご飯を食べなくなったみーちゃん (2009-05-01 00:51)
 気持ちを見抜くみーちゃん (2009-03-14 03:12)
 お布団みーちゃん (2009-03-13 01:59)
 みーちゃんの変化 (2009-03-12 01:03)

この記事へのコメント
留守中、ちょっぴり寂しい想いをしてたかもしれませんね
けど、オッサン様の手抜きのおかげ(??)で、みーちゃんも、まはろさんとの時間、愛情を何倍にも感じてると思いますよ…
帰るなり、ご飯おねだりなんて…
同じご飯でも、好きな人に出してもらった方が美味しいんでしょうね♪
Posted by みーちー at 2009年03月17日 16:27
たぶんご主人なりの愛が満ち溢れたお世話だったんでしょうけれど
まはろさんのほうが上であったと
みーちゃんがそう言うわけですね?
 
(ご主人様、ごめんなさい)
Posted by おさんぽあるみおさんぽあるみ at 2009年03月17日 22:19
その気持ち、すっごく分かります。。。
私も去年、2週間ほど主人と二人で日本に帰っていた時、
お友達のお母さんに我が家に泊まってもらい、MAXの
面倒を見てもらいました。
もしかしたら、あれがストレスになってしまったのかなぁ・・・
なんて考える事もありますよ。

24時間、みーちゃんと一緒にいる事はできないかもしれま
せんが、一緒にいる時は、まはろさんの愛情を、たっぷり
注いであげてくださいね!
猫は、全部分かってますから・・・。
Posted by Rosemary at 2009年03月18日 12:23
>みーちーさん

オッサンは、はっきり言って手抜きですから。。。
まぁ仕方ないっちゃー仕方ないですね。。

でも猫は文句が言えないからかわいそうですよね~


>おさんぽあるみさん

ええ、たぶん、そうじゃないかと(笑)。

細かな気遣い(たとえば、ご飯皿の置き方とか)が、みーちゃんにとっては、とても大切みたいです。

彼女なりのこだわりがあるみたい(笑)。


>Rosemaryさん

ああ、わかります。
あとから、考えますよね・・・

あの時のあれが悪かったんじゃないか、とか
あの時、こうしていれば、こんな風にならなかったんじゃないか、とか。

過ぎてしまってから考えてもどうにもならない事なんですけど、つい思ってしまいますよね・・・
Posted by まはろまはろ at 2009年03月19日 03:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大切なもの
    コメント(4)