QRコード
QRCODE
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

2009年03月29日

ああっ。。。。




実は、3日前から薄々あやしいと思っていました。

3日前、みーちゃんが、朝、1回だけ、「コホッ」と咳をしました。

2日前、またみーちゃんが、朝、1回だけ「ケホッ」と咳をしました。


この時実は既に、あれ・・・おかしい・・・と思ったのですけれど。。。


昨日は、みーちゃん、4回続けてくしゃみをしました。
(これはあまり関係ないかも)


さて、今日は抗癌剤の16回目でした。
前回からは10日間の期間があいています。


結果ですけれど・・・


やっぱり・・・腫瘍が増えていました。


センセー!!

寛解って言ったじゃんよー。

もうセンセーなんて信じねーよー。


と、ついいじけてしまいましたが、やはり10日は無理がありました。

安心&油断せずに1週間に一度の通院をきちんと続けないといけないですね、しみじみ思いました。

先生は、抗癌剤に耐性が出来たんでしょう、と言いますが、私は期間をあけすぎたのが問題だと思っています。


この4ヶ月、みーちゃんに関する限り、ほとんど私の見立てのほうが正しいので、多分今回もそうでしょう(笑)


今日はお水も100ml溜まっていました。

お水も3日前までは全然溜まっている感じがしなかったので、この3日間で急に溜まったのだと思います。


みーちゃん、一見元気そうで、食欲もあり、普通に暮らしていますが

でも、本当は抗癌剤のおかげでかろうじて命を貰っているのだなぁと・・・

今日はしみじみ思いました。


怪しいな、と思いつつ、つい決まった日にちを優先させてしまった私の完全なる失態です。

みーちゃん、本当にごめんなさい・・・

今日は、戻ってきてもふらふらして、ご飯も食べず、さっきようやくご飯をちょこっと食べてくれました。


みーちゃんが週1で通院し続けられるように、

体力を温存して

家に居る時はいっぱいわがままを聞いてあげて、甘えさせてあげて

そして、何より

大切な大切な存在だよ、愛しているよ、っていっぱい伝えてあげたいと思います。


この2ヶ月ほど体調が落ち着いていたため、あまり命の危機を感じることはなかったのですが

今日の失態で、みーちゃんがいなくなったら・・・と、リンパ腫を診断された時のあの気持ちを思い出し

どんな小さな変化も見過ごさないよう、気をつけないといけないんだなぁと改めて思いました。


そして、先生は、腫瘍は消えません、と断言しますけど、私は絶対消えると思っています。

なぜ創り出したものが消えないなんてことがあるのでしょう。


みーちゃんの体調は、いつも私の気持ちを反映しているようです。

私が自分に自信をなくして不安になると、みーちゃんの体調も悪くなります。

私が自分を信頼している時には、みーちゃんの体調もよくなります。


たった1回の判断ミスが大切な大切な命を失うことに繋がるんです。

先生と私ではみーちゃんに対する愛情も観察の度合いも違うから、判断の目線が違うのは当たり前です、もう先生の甘い言葉には負けません!!(笑)

次回は1週間後です。

せっかく水曜の診察(診療時間が長い、夜間までやっている)が定番になっていたのに、これから通院が(診療時間の短い)土曜日になってしまった、困ったにゃん(笑)

タグ :通院

同じカテゴリー(抗癌剤治療16回目)の記事画像
熱があるかな?
なにかおかしい・・・
同じカテゴリー(抗癌剤治療16回目)の記事
 熱があるかな? (2009-04-02 04:15)
 昨日は (2009-04-01 02:59)
 ちょっと元気がないかも? (2009-03-31 02:53)
 なにかおかしい・・・ (2009-03-30 01:59)

この記事へのコメント
お医者さまは、たくさんの症例から判断をされるのでしょうが…
やっぱり、咳ひとつも見逃さないくらい近くにいる、まはろさんの、カンみたいなものの方が、正解なのかもしれませんね。
私も、薬の効果で食欲がでてきたとたん、薬を半分にするよう言われて…
結局、また食べなくなりました。
先生は、薬を減らしたからでしょう…と
今度は、あっさり倍にされて…結局、食欲が戻ることはありませんでした。
ただ、そのタイミングだっただけなのかもしれませんが…、
不信感より、なんか自分への後悔が残ってます…
まはろさんも、カンっていうか、みーちゃんから出てるものを大事にしてくださいね。頑張って

長々と、ごめんなさい
Posted by みーちー at 2009年03月29日 11:18
10日は空きすぎでしたか(・_・;)
いい先生で勉強熱心で私はとても大好きな先生なんですが、
飼い主さんの愛情には負けますよね(●^o^●)
どんどん言いたいことを言っていいと思います。私もいいますよ。私も今まで市内のいろんな獣医さん回りましたが、あの先生ともう一人いらっしゃる市内の女医の先生が一番だと思います。ほんといろんなことを考えて試してくださいますので
うしくんもアリスもまさるも死ぬんじゃないかというくらい大変でしたが、今ではすっかり元気になっていますしみーちゃんもきっと大丈夫。

みーちゃんがたくさんご飯食べて、元気になって腫瘍が消えますように。私も絶対腫瘍は消えると思います。
Posted by ごえちゃんごえちゃん at 2009年03月29日 15:02
私が行っていた高度医療の病院の抗がん治療は、みーちゃんの先生のように、状況に合わせて治療周期を変えたりはしてくれませんでした。この抗がん剤は、「1週間起きに2回、その後は3週あけて1回」というふうに、投与の頻度が決められていて、腫瘍が大きくなってきても、3週間は絶対にあけないといけないといった感じでした。なので、みーちゃんの治療のフレキシブルさにビックリしています。

抗がん剤によっては、かなり強い物もあると思いますので、そのへんも先生とよく相談して、決めてあげてくださいね♪
腫瘍が大きくなるのも辛いですけど、抗がん剤の副作用も、みーちゃんにとっては、体力消耗すると思いますので。
でも、迷った時は、みーちゃんの目をじっと見て、答えを聞いてくださいね。応援しています。みーちゃんもまはろさんも頑張って!
Posted by Rosemary at 2009年03月29日 15:42
>みーちーさん

わかります・・・自分への後悔・・・
何かおかしい、とか本当にいいのかしら?
って自分の中では感じるのですよね。
でも、私たちにとってお医者様の言葉はある意味、絶対ですから、「ん?」と思っても、やっぱり従ってしまうと思うのです。

言葉を話さない動物相手ですから、こういうときは本当に難しいですよね・・・


>ごえちゃん

ありがとうございます。
先生の事は私も好きですよ~。

ただ、診察に関してお互いの意見が合わない事は多々あります。
それは仕方ないことだし、立場が違うから視線が違うのも当たり前だと感じています。

でももっとみーちゃん、私、先生の3人(2人+一匹)の意思疎通をしっかりしないと、とは感じます。
頑張りますね!


>Rosemaryさん

いつもコメントをありがとうございます!
みーちゃん、実は副作用が何も出ないのですよ・・・
(アドリアシンは別。 このお薬はみーちゃんの場合、心臓に負担がかかるようです)

吐き気もほとんどありません。
(でも、腫瘍も消えません)

これを私は「生かさず殺さず方式」って呼んでるんですが(汗)、その点を含め、再度先生と話し合ってみようと思います。
Posted by まはろまはろ at 2009年03月30日 02:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ああっ。。。。
    コメント(4)