QRコード
QRCODE
 › 胸腺型悪性リンパ腫(猫白血病ウイルス陽性)と闘うみーちゃんの闘病記 › その他 › 闘病している猫ちゃんの飼い主さんたちへ
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

2009年04月20日

闘病している猫ちゃんの飼い主さんたちへ

つい昨日ゆったりペースで・・・と書いたばかりなのに、また今日も書いてます・・・(笑)

今日はちょっと思うことがあったので。


愛猫が病気になって、病院に通い続ける,という事はどんな病気であってもとても大変な事だと思います・・・

それはもちろん、猫ちゃんが一番大変なのだけれども

飼い主さんも、とっても追い詰められているというのか、必死になっているのが伝わってくる事があります。

その気持ちは、痛いほどよくわかるのですが・・・


でも、自分が出来る範囲でやるべき事をやるのが飼い主の務めであり

出来ない事まで頑張る必要はないのじゃないか、というのが私の見解なのです。


たとえば、宮崎に住んでいれば、放射線治療とかは出来ません。

抗癌剤が効かなくなったら、それくらいしなくちゃいけないんじゃないの?

と言われても、私には無理なことです。

それをやるのが当然、みたいな事を言われても、それはその方の考えであり、私の考えではありませんもの。


みーちゃんが偏食さんなので、療養食も食べさせてあげられません。

病気のことを思ったらそれくらいするのが普通じゃないの?

と、責められてもそれも私には出来ません。(腎臓食で反省しました・・・)


車の運転が出来ないので、動物病院にはいつもオッサンに運転して連れていってもらっています。
(ただし、病院の中に行くのは私。 オッサンは車の中で待っている)

運転くらい自分でするのが普通でしょ?って言われそうですが、出来ないものは出来ませんし、オッサンは私より暇だからいいのです(笑)。

猫ちゃんと暮らしている人は、みんなそれぞれの生活の中で、できる事を精一杯しているはずだし、たとえば、抗癌剤を選択しない人もいるけれど、それはそれでよいと思うのです。


あんまり息を詰めては、飼い主さんがまいってしまいます。

病気と向き合う事は時に短い期間で終わることもあれば、とっても長い時間がかかることもあります。

時間がかかれば当然お金も必要になり、財産がいっぱいある人は別ですが、仕事せずに看病だけしているわけにもいきません。


それぞれの人がそれぞれの立場で出来る事をやる。 それを尊重してあげなくてはいけないと思うのです。

色々な意見を言ってくださる事はありがたいのですが、やっぱり私は私に出来る事をやるしかありません。

他の人の考えで動くことは出来ません。


どうか皆さんも自分の事を追い詰めず、他人のことも追い詰めないで。

猫ちゃんとの時間を大切に過ごしてくださいね!

同じカテゴリー(その他)の記事画像
ありがとう!!!
同じカテゴリー(その他)の記事
 ありがとう!!! (2009-07-12 01:10)
 オッサンのバカ! (2009-03-15 00:26)
 天国には2匹のみーちゃんがいる (2009-02-18 05:01)

この記事へのコメント
うちの、みーちゃんが病気だと分かったとき、お医者から
『何が正解というものはないのです』と言われました
難しい病気であるほど、そうなのだと思います
 私は、手術も抗癌剤も選択しませんでした
泣きながら悩んで悩んで出した決断でした
 しばらく通院しましたが、体力的に負担になるので止め、自宅でのステロイドと輸液の点滴だけで、穏やかで深い二週間をすごしました
 違う飼い主さんだったら、また違う選択もあったでしょう
でも、そんなこと考えるのは意味のないことです
大事なのは、決断したことを、結果どうあれ後悔しないことだと思います
闘病中で、毎日泣いている飼い主さんがたくさんいらっしゃると思います
頑張りすぎないで、今を大事にしてほしいです
そう願います
Posted by みーちー at 2009年04月20日 11:56
>みーちーさん

そうだったのですね~。
とても深くて大切な2週間だったことと思います・・・

命と正面から向き合う事は本当に大変な事ですが、でも喜びもいっぱい貰っているし!!

みーちゃんと一緒に居られる時間をもっと大切にしようとみーちーさんのコメント読んで改めて思いました。

ありがとう♪
Posted by まはろ at 2009年04月21日 02:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
闘病している猫ちゃんの飼い主さんたちへ
    コメント(2)