QRコード
QRCODE
 › 胸腺型悪性リンパ腫(猫白血病ウイルス陽性)と闘うみーちゃんの闘病記
にほんブログ村 猫ブログへ 参加しています。良かったらぽちっと応援お願いします♪

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年07月01日

さんまが好きなみーちゃん。

昨日、スーパーでさんまを買ってきたら。

みーちゃんは、喜んでハグハグと食べていた。

でも、やっぱり少食なみーちゃん。

せいぜい1匹の1/10くらいしか食べていないので、今日も少し缶詰に混ぜてあげた。

缶詰は(1日で)30gも食べていない・・・



はい。

みーちゃん、夜、案の定、ゲリPいたしました(笑)。

それも、おトイレの前と入り口に。 べったり、もっこりと。

ええ、下僕は黙ってお掃除しますとも。


もう抗生物質やめて1ヶ月は経つんだけど、いまだにちょっとお腹の緩いみーちゃん。
(でも、ゲリPだったのは、今日がはじめて)


関節サプリのほかに、整腸作用のものも必要だろうか。

しかし、色んな製品がありすぎて、何を選べばいいのかわかりません。

いい整腸作用の菌とかサプリ。 ご存知の方いらっしゃったら、教えてください・・・



そういえば、今朝のこと。

私は熟睡していたのだけど、オッサンが目を覚ますと

みーちゃんが私に寄り添って眠っていたらしい。

その後しばらくして再度みると、今度は私の枕のうえに、上半身を乗せて座っていたのだとか。


え~。 全然知らなかったよ~~。(←まったく気づきませんでした)

そんな可愛い姿、ちゃんと写真撮っておいておくれよ~。



久しぶりにみーちゃんにヒーリング。



丸々と太った私の手は見ないようにしよう(笑)。


どうか元気で夏を乗り切れますように。  


Posted by まはろ at 02:46Comments(3)寛解期6/26~

2009年06月29日

やっと・・・

みーちゃんがご飯を食べてくれるようになった。。。

この数日間、ご飯をあげても、ぷいっと横を向いて通り過ぎていく。

うーむ。

こりゃいかん。 こんな喰いっぷりでは体力がなくなってしまう、と。

ももママさんが教えてくださった、ニュートリスタットを購入しましたが

まだ届かな~~いガーン

宮崎遠いもんね、仕方ないね(笑)。


とにかく食べてくれることが一番の基本だから

明日はお魚でも何でも食べてくれそうなものを買ってこよう、とオッサンと相談。


みーちゃんが何を食べたいのか、気持ちが全部わかったらなぁ。

きっと、みーちゃんも歯がゆいことでしょう(笑)。  


Posted by まはろ at 00:44Comments(4)寛解期6/26~

2009年06月25日

体重が・・・

今日、みーちゃんを抱っこしたら


「うわっ?!」

って思うくらい、軽かった。


ここ2日くらい、みーちゃんはご飯をあまり食べなかったのです・・・


わー油断してしまった。

もっとちゃんと気を配ってあげないと、みーちゃんは些細な事ですぐにいじけてしまってご飯を食べなくなるのです。
(たとえば、呼びかけた時のこちらの返事が適当だったとか。 全部見抜いてます(苦笑))


慌てて、買い置きしてあったa/d缶をあけて、いつものご飯に1/3くらい混ぜてみた。

実は、みーちゃん。 a/d缶、食べるの初めて。

k/d缶は嫌いで全然食べてくれなかったから・・・どうだろう。


心配だったが、出した分は綺麗に食べてくれた。

良かった~。


でも、まだ山のように残っているので、一応小分けにして冷凍にしてみた。

また、明日もご飯に少し混ぜてあげてみようっと。


しかし、レバーペーストみたいで、ちょと気持ち悪いね>a/d缶


明日はステロイド日でもあるので、食欲が増してくれるといいのだけれど。  


Posted by まはろ at 04:32Comments(4)変形性関節症

2009年06月22日

びっこ良くなりました。

みーちゃんがびっこ引きはじめてから、

ステロイド注射が1回と、飲用(1/2錠)が3回。

どうやらひどい炎症は治まったみたいで、びっこは無くなりました。

通院後2日くらいは押入れにも上らなかったのだけど、今は押入れに上ってます。
(でも、微妙に痛そう・・・)


ステロイド減らしていったら、またびっこ戻っちゃうかな。


最近は、夜寝る前にベランダに出るのがお気に入りみたいで

夜のコンクリートは冷えるから、私は心配でたまらないのだけど

オッサンは、すぐに出してしまいます・・・


私が口うるさいのか

オッサンが甘いのか


でも、きっと本当に元気ないときには、ベランダにも行かないだろうから

今は大目に見てあげてます(笑)。


最近、ちょっと暑がりなみーちゃんです。  


Posted by まはろ at 03:48Comments(5)変形性関節症

2009年06月19日

約束

オッサンは、今日もちび太にご飯をあげにいった・・・

でも、やっぱり、ちび太はこない。。。


私は、TVを見たり、ご飯を食べている時、突然

『ちび太~』

と、叫んでみたりする(笑)。 もういないことはわかっているのに。

なんとなく。 呼んだら、下で応えてくれるような気がして。(うちは3階です)



もしも今度、ちび太のような猫ちゃんを見つけたら、家に連れてこようね、とオッサンと約束した。


でも、まぁ実現は難しいだろう。 我侭らーちゃんが他の子を受け入れてくれないだろうから(笑)。

だけど、そんなことでも思わないと、ちび太の事を思うたび、胸が痛むから・・・

どうやら、オッサンも同じ気持ちらしい。




ちび太。

今度生まれてきたら、絶対うちのコになってね。

みーちゃんと、らーちゃんの弟になって長生きするんだよ。


きっと、また会えると思う。

だって、ちび太はオッサンのこと、大好きだったもんね!!  
タグ :ちび太


Posted by まはろ at 00:32Comments(4)野良ちゃん

2009年06月18日

みーちゃん、その後。

先日の通院後のみーちゃんです。

びっこは、ずいぶん、軽くなってきました。

よく見るとやっぱり、微妙に右足をかばって歩いているのですが、

先日、病院に連れていった日ほど、あからさまなびっこではなくなりました。


でも、やっぱり、痛そ~。


血液検査で、肝臓の数値が悪かったので、プロモーションという病院で頂いた関節のためのサプリ以外は、いま、使う事を控えています。


食欲は、ステロイドのおかげもあって、いい感じです。

2倍くらいに増えてます。

今のうちに体重増やしておかないと~。


そんな感じのみーちゃんです。 今日もよろよろ、元気いっぱいです(笑)  


Posted by まはろ at 04:01Comments(3)変形性関節症

2009年06月16日

死んでしまった、ちび太





タイトルに関係なく・・・写真は、今日のみーちゃんと、らーちゃん。




私たちが、今の住所に住んで1年くらい経った頃だろうか。

アパートの誰かが、階下の駐車場で野良猫にご飯をあげていた。

それを大家さんに見つかり、大家さんに器ごと捨てられた。

そのバトルを2,3回繰り返した頃・・・

その人は、野良ちゃんにご飯をあげることをあきらめて・・・辞めてしまった・・・


でも、野良ちゃんは、ずっとその人からご飯を貰っていたし、このあたりには

水も食べ物もないから・・・・

ご飯がなくなれば、自力で食べ物を探し生きていくことは、困難だと思われた。


そんな成り行きを見るに見かねて。

賛否両論はあると思うけれど・・・大家さんに見つからないよう、ブロックで隠したりの工作をして。

オッサンが、その子たちにご飯をあげ始めた。

それが2年くらい前の話です。


その当時、ご飯を食べに来ていた、とっても可愛い白とグレーのちっちゃな猫ちゃんが、にゃーちゃん(別名、大お母さん)

にゃーちゃんは、その後、1回だけ子供を産んで・・・その中の1匹だけが生き残った。(中お母さん・・・このコは最後までなつかなかった。)


そして、次の年、中お母さんも、子供を産んで・・・・また、その中の1匹だけが大人になった。


それが、ちび太。 黒と白の模様の可愛い・・・とても小さな子猫ちゃんのような、元気な1歳の男の子。


ちび太だけは、オッサンに慣れていて、オッサンが、駐車場で、ドライフードの箱をカラカラ鳴らしながら

『ちび太~!!』

と、呼ぶと、どこからか駆けてきた。


そして、ここ3日くらい、ちび太の姿を見なかった。

オッサンも気にはしていたのだけど、野良ちゃんだから・・・どこかに遊びに行っているんだろうと、そう思っていた。


今日、オッサンが、隣の酒屋さんに行ったら、野良ちゃんの話が出て・・・

3日ほど前に道路で猫が車に轢かれて・・・・近くにある焼き鳥屋さんのおじさんが、

『うちの前にいつもいた子だから・・・』とスコップを借りにきたらしい。


そう。 ちび太は、いつも焼き鳥屋さんの裏に寝ていたのです。

少し前に、その隣にあった、草ぼうぼうだったちっちゃな憩いの場所を、綺麗に木や草を刈り取られ、コンクリートで固められて・・・

それから遊び場が無くなってしまって・・・

『かわいそうだね』 と、オッサンといつも言ってました。



その空き地の樹の陰で、

にゃーちゃんは、子供を自分の背中に乗せて育てていた。


そして、子供が大人になると、にゃーちゃんは、その場を子供に譲り去っていった。

今度は、中お母さんが、ちび太を背中に乗せて、育てていた。


とっても、しなやかな身体をして、飛ぶように歩いて、そしてちょっと臆病で、ものすごくがっつきで可愛いちび太(笑)。


でも、ちび太はもういない。

あんなに若くて、生命力に溢れていて、元気いっぱいだったのに。


まさかこんなに早く亡くなってしまうなんて。


もう駐車場にいっても、ちび太のあの可愛い、くりくりの目を見ることができない。

命って、なんてはかないのだろう。。。


完全な野良ちゃんだったのに、みんなに可愛がられていたちび太。


ちび太には、もう兄弟も、子供もいないので、ちび太の家系の猫ちゃんの面倒を私たちがみることもないのだろう。


亡くなった事を知っていても、心のどこかで、またご飯の箱をカラカラ鳴らすと、どこからともなく、飛ぶように走ってきてくれるんじゃないかなって思ってしまう。


もう会えないなんて、信じられない。


ちび太に会いたい・・・



でもね、短い時間だったけれど、ちび太の姿を見れて、関わることが出来て、幸せだったよ。


きっと今頃、虹の橋の向こうで、大好きだったお母さんと、兄弟たちと再会して、いーっぱい甘えているんだろう。


不思議と・・・何も悔いのない、幸せだったよ、と言いたげなちび太の気持ちが伝わってくる気がします。


出会ってくれて、ありがとう。 ちび太のことは、永遠に忘れないからね。




↑ この写真の一番奥の木の茂みの下に、ちび太とお母さんがいました。 写真撮ったのですが、あまり近寄れなかったのでほとんど見えませんが・・・小さな白っぽいもの、それが、まだ子猫ちゃんだった、1年前のちび太です(笑)。  


Posted by まはろ at 22:42Comments(5)野良ちゃん

2009年06月14日

みーちゃん、びっこ?!

昨日の夕方のことです。

仕事を終わって、部屋に戻ると、みーちゃんが 『ご飯~♪』 と、出てきた。


おお、よしよし♪ いま、ご飯あげるからね。。。


と、思ってみーちゃんを見ると・・・


あれ? 足がヘン。びっこをひいている。


慌てて、動物病院に電話したら、既にその日の診察は終わっていて、夜間の緊急病院なら空いています、と言われた。


どうしよう。


あれこれ考えてみたが、まず、みーちゃんの状態が足以外はそれほど辛そうではないこと。

そして、リンパ腫のこともあり、やっぱり慣れた病院のほうがいいと思い直し、病院へは翌日行くことに。


その夜、ネットで色々調べてみると、猫白血病ウイルス陽性だと、免疫性の慢性進行性多発性関節炎になる事があるようで・・・


う。 もしかして、これか??


高い所から飛び降りてくじいた、とか脱臼とかだと、まだ良いのだけれど。。。

でも、抱っこしたり、足を触ってもあまり痛がらないし、外傷性ではないような気がする。


今日は、少しドキドキしながら、診察に。
(オッサンも、口には出さなかったけれど、”ガン転移?!” と、かなりドキドキしていたよう)


で、診察の結果は。。。





老齢による、変形性関節症。


特に治療法がないそうなので、「良かった~」と言えるほどでもないが、転移や、免疫性と比べれば、ずっといい結果かな?


リンパ腫診察初期の頃のレントゲンを見返してみても、前足関節に小さな棘のような、新生の骨が見えていたので、どうやら、今始まったわけではないけれど、リンパ腫の治療中はステロイドを使っていたために、(腫れや痛みが抑えられ)気がつかなかったのではないか、とのこと。


あ゛~~。

ステロイド。

一生懸命、離脱中だった、ステロイド(涙)


治療中は、2日に1回1/2錠(1錠は5mg)だったものを、どんどん減らしていって

5日に1回、1/8錠まで。

わーい、もうすぐ離脱だ~! あと少しだ~。

と、喜んでいた矢先のことでした・・・


案の定、ステロイド注射も打たれ、私のステロイド離脱への密かな野望(?)は、すべてパーに。

今後は、とりあえず3日に1回(1/2錠)を目安に、痛がる時の頓服のような形で使用することになりました。



関節炎と言われれば、確かに以前から気がついていたことがあった。


それは、座る時に、よく腕(前足?)の一番先の関節を、ぷに、と曲げて座っていたこと。

昔はそんな座り方しなかったのだけど、とても可愛い座り方だったので、よく足先をちょん、とつついて、オッサンと一緒にからかっていた。

ところが、リンパ腫になってから、その座り方をやらなくなった。


てっきり苦しいから、そういう座り方は辞めたのだろうと思っていたのだけれど・・・


きっと、あの座り方は、関節が既におかしかった事を示していたのだと思う。

それが、ステロイドで痛みと炎症が消えて、普通に座れるようになって・・・

で、ステロイド離脱で、関節炎がひどくなってきた、と。


実は、みーちゃんを見ながら、いつも両足の太さが微妙に違うな、と思っていました。

それは注射や点滴のために毛を剃ったせいなのかなぁと思っていましたが、関節の太さや形が変わっていたのですね。


あ~、足の形がおかしい事をもっとちゃんと意識していたら、こんなにひどくなる前にサプリとかで少しは楽にしてあげられたかもしれないのに。

と、悔やんでも後のまつりなので、これから少しでも楽になれるよう、考えてあげないと。


でも、嬉しいこともひとつ♪


レントゲンで、胸の写真が、と~っても綺麗で、あのリンパ腫独特の白い影がまったく無かったこと。

水もほとんど溜まっていなかったこと。


でも、肝臓の値は、悪くなってたな・・・体重も、2.55キロに(泣)。


そのため、今日から、強肝剤も、服用に。

やっと、お薬減ったと思ったのに、前より多くなっちゃった・・・



年取ると、人間も動物も、ほんと、大変。

部屋の中を駆け回っているらーちゃんが、輝いてみえる(笑)。  


Posted by まはろ at 01:05Comments(5)変形性関節症

2009年06月10日

おかしいなぁ。。。

昨夜、寝る前に最近のみーちゃんの近況日記書いてアップしてから寝たつもりだったのに・・・・


今日見たら・・・


記事がな~い!!(笑)


ええ~。 アップせずに、書くだけ書いてブラウザ閉じちゃったんだろうか。



なんか、ショック。 でも、ないものはないもん。あきらめだ!(笑)。


内容をまとめると

最近、みーちゃんのうんPが固くなってきたよ。(抗生物質やめて2週間)

おしっこのそそうもなくなってきたよ。

(トイレ掃除が楽でいいな(笑))

などなど。


ふっ、たいしたことない日記だわね・・・(笑)。  


Posted by まはろ at 04:04Comments(3)寛解期5/26~

2009年06月06日

らーちゃん写真2点!(笑)



↑ 私が作った天然石のペンダント・ヘッドを眺めるらーちゃん。




↑ リモコンを枕にして眠っていたのが、可愛くて写真を撮ろうとしたら、起きてしまったらーちゃん。



今日は朝からずーっと、アクセサリー製作をしていて、かれこれ9時間。

休みも食事も取らずに、ひたすら作っていた。


しかし、そんな風に私が何かに夢中になる事は、うちの姫君たちは気に入らないのですな(笑)。

しょっちゅう、邪魔をしにくる。。。。

いつもなら、ぐっすり眠っているくせに・・・

こういうときだけ、なぜ起きてくるの・・・(笑)



自分以外のものに夢中になる事に焼もち妬いているのかしら・・・

だけど、仕事している時には焼もち妬かないんだ。。。不思議(笑)。  
タグ :らーちゃん


Posted by まはろ at 02:41Comments(5)らーちゃん

2009年06月01日

今日は

みーちゃんと、らーちゃんの夏用マットを買ってきました。

今までずっと冬用を使っていたから・・・(笑)。


むちゃくちゃカワユイ、手作りベッドのネットショップを見つけたのだけど・・・



今は、298円のマットで我慢か~(笑)。

また、いつン十万の診察費が、かかるともわからないからね・・・


しかし、こんな可愛いベッドを手作りする人がいるなんてね~。

裁縫が苦手な私には、うらやましい限りです・・・


最近は、ハンドメイドの猫グッズ屋さんもたくさんあって、そういうお店はどこも猫への愛情に溢れていて
見ているだけでとっても楽しい♪


ここから、いろんな猫グッズ屋さんのブログにいけますよ~

http://cat.blogmura.com/cat_goods/  


Posted by まはろ at 03:50Comments(4)寛解期5/26~

2009年05月30日

3年分くらいの・・・

みーちゃんが、リンパ腫と診断された日から、ちょうど半年が経った。

この半年の事を思うと、本当に濃い日々だったなぁと思う・・・

3年分くらいのボリュームはあったような気がする。


最初、クリスマスまで、どうにか生きていて欲しい・・・

と必死の思いだった。


中には、みーちゃんがリンパ腫になったのを知って、

『かわいそうで見ていられないから~』

と、ブログを見てくれない人もいたしタラーッ

私たちのことを哀れに、不憫に思っていた人もいたと思う。


でも、私は初めから、みーちゃんと自分のことを

不憫ともかわいそうとも思っていないし、

病気を憎いと思ったことも、 

なんでこんなことに・・・

と、思ったことすらないのだ。


みーちゃんが与えてくれた、この奇跡のような半年間は、本当にみーちゃんとしっかり向き合う事の出来た時間であり

こんな時間が持てたことに感謝せずにはいられないと思っている。


そして、この半年の間に、命をまっとうして、虹の橋を渡っていった沢山の猫ちゃんたち・・・

その子と、その子の飼い主さんの事を思うと

私に出来る事がまだ何かあるんじゃないか、

あるのだったら、後回しせずに、できることから、とにかく頑張っていこう、と改めて思う。


これから夏になって

心臓も腎臓もあまり良くない、みーちゃんにとっては暑さが辛い季節になって

だけど

出来る限り多くの時間を、優しい時間を

いっぱいもてればいいなぁって思う。


私の事を見つけてくれて、うちの子になってくれて

そしていつでも私のそばにいてくれて

本当に本当にありがとう。


みんな大袈裟だと言うけれど
私はみーちゃんと出会ったときから、ずっとこう思い続けていました。


みーちゃんは、私の命よりも大切な存在です。  


Posted by まはろ at 01:25Comments(8)寛解期5/26~

2009年05月28日

通院するも、特に変化なし。

本来なら、今日が通院日だったのだけど、1日早く病院に行き、昨日お薬を貰ってきました。

こんなちっこくて、弱っちぃ、みーちゃんのどこに、20回もの抗癌剤を乗り切る力があったのだろう、と・・・

改めて、みーちゃんの偉大さと、それを支えてくださったブログを見てくれているみんなと、

それからみーちゃんを守ってくれている、目には見えないおっきな力に

ありがたさと、なんとも言えない思いを感じました。


みーちゃんも2回目の抗癌剤の時には、貧血で受けれなかったのに・・・

その後は、ほぼ毎週の抗癌剤を約4ヵ月半やりぬきました。

なんてすごい忍耐力だったのでしょう・・・

おまけに、最初の3ヶ月くらいは、ほぼ毎週水抜きですから・・・

1週間に200ml(体重の1/12)も水が溜まる状態が3ヶ月です。

どれほど、苦しかったことか。


まだ12月くらいの一番みーちゃんが苦しかった頃のことです。

とある医療関係者の身内の方から

『人間も腹水抜くようになると、もう助からないからねー』

と、言われてしまいましたタラーッ


今も、抱っこするたび、みーちゃんの重さを確認しています。

普通は逆なんだろうけれど、軽いと、本当にほっとします・・・


みーちゃんが、幸せで、いっぱい愛を受けて、暮らせるように。

本当に私の一番大切な宝物です。

今日も元気でいてくれてありがとう。  
タグ :通院


Posted by まはろ at 01:52Comments(5)寛解期5/26~

2009年05月24日

うんこたれ。。。

みーちゃんは、抗生物質を飲むようになってから、うんPが軟くなってしまった。


腫瘍が消えた直後の通院の時のこと。

みーちゃんにしてみたら、『なぜ、まだ病院に行かなきゃならないの?』という気持ちだったようで
その日は、病院に行くのをとても嫌がっていた・・・

そして、連れていったら、なんと、診察台の上で、うんPをしてしまった。。。


それから、連れていくたびに、先生に

『この子は、ここにくると、うんPするんだよね~』

と、言われる始末・・・



さて。

今日のみーちゃんは、ちょっとご機嫌ななめだった。


それは、身体を梳くクシを見せられて、オッサンのところに寄っていったら、
騙されてお薬を飲まされてしまったのだ(!!)

それがよほどショックだったのか・・・

その後隠れて出てこなくなった。


夕方、キッチンにいくと。


あうっ。 見事にやられましたわ!

キッチンマットの上に、とぐろが~~(笑)。


それで、オッサンに『うんこたれ』と言われ(もちろん面と向かっては言わないが)

さらに深く傷ついたみーちゃん。


その後、ご機嫌が直るまで、何時間かかったことだろう。


もう、オッサンがクシを持っても、プイと横を向いて見向きもしなかった(笑)。


ええ、もちろん、いっぱい謝らせましたわ。



みーちゃんも、らーちゃんも、どう考えたって、人間の言葉を完全に理解している。

話を聞いているとしか思えない行動をとるのだもの。


でも、だからこそ、騙すのはご法度なのよね。

ごめんね、みーちゃん。


うんPくらい、いっぱい垂れてもいいのよ、元気でいてくれれば(笑)。  


Posted by まはろ at 23:26Comments(5)寛解期5/13~

2009年05月24日

日記ご無沙汰していますが・・・

みーちゃんの体調は、特に変わったところもなく、安定しています。

最近は、オッサンに身体を梳いてもらえるようになって

オッサンが座ると、すごい急ぎ足で向かっていきます・・・


みーちゃんの急ぎ足・・・

何年ぶりでしょう(笑)。


たまーに、らーちゃんに追いかけられて急ぎ足していたのは、見かけたことありますが(笑)。


そんなみーちゃんの姿を見ているだけで嬉しくなります。

ご飯も一時は、あまり食べてくれなくなったのですが、今は普通に食べてくれています。


ステロイドは、3日に1回、1/4錠(5mg)まで減らしています。

この調子だと、4日に1回に減らせそうです。


みーちゃんの近況でした♪
  


Posted by まはろ at 02:54Comments(2)寛解期5/13~

2009年05月20日

あらん、いやだ・・・

夜、猫トイレのある部屋にいくと、トイレの前におもらしが・・・(笑)

あらら、片付けないと、とフタをあけると・・・



ギャ~!!!


なぜか、フタの内側にうんPがベッタリ、と。。。


なんで? なんで?(笑)


そんな高いところにうんPがつくと?(笑)


と、かなり動揺したけれど、洗わなくっちゃと、頑張って夜中にゴシゴシゴシ。


身体にうんPついてなかったかなぁと、心配になって点検したけれど、とりあえず何もついてないようで良かった・・・


今日はきちゃないお話でゴメンナサイ・・・  


Posted by まはろ at 01:59Comments(2)寛解期5/13~

2009年05月17日

不安な気持ち

腫瘍が消えたら、あんなに不安だった気持ちは消えるのものだと思っていた。


ところが・・・


逆、なんですね。


腫瘍が消えて抗癌剤をやめた今のほうが、腫瘍があった時より、もっと心配。



病気について調べれば調べるほど

本当に、なんでこんなに不安で仕方ないのだろう、と思うくらいに心配になった。



だけど、もうやめることにした。


なぜ、不安になったのか。


それは、宇宙の創造の源(それを神とか、大いなる愛とか、人によって呼び方は色々違うだろうけれど)からの力が

私の中にも、そして、みーちゃんの中にも流れていることをつい忘れてしまって


『常識』 と呼ばれる

貧困な意識の中に閉じ込められてしまっていたからだ。


『常識』 はとても力があるようにみえて、説得力がある。


だけど、『常識』 は奇跡を起こさない。



本当に恐れなくてはならないのは、病気でも再発でもなくて


ただ、自分自身の想像力だけである。  


Posted by まはろ at 02:38Comments(5)寛解期5/13~

2009年05月16日

愛しいみーちゃん



↑ みーちゃんの上にピーターラビットを乗せてみた(笑)。



今日、みーちゃんの身体にそっと触っていたら、初めて出会った頃からの事が走馬灯のように、頭の中に蘇ってきた・・・

こんなに柔らかくて、ちっちゃなみーちゃん。

でも、みーちゃんの中にも私と同じように、いっぱいの記憶が詰まっていて

けして忘れる事はないんだな、って

ふっと思った。



初めて引越しした時、ふと気付いたら、どこにもみーちゃんの姿が見当たらなくて

何時間も探し回って、疲れて帰ったら

積み上げていたお布団の中にもぐって寝ていたこと・・・(笑)。



月のとても綺麗な夜、外で泣いていた私のそばにきて

嬉しそうにはしゃぎまわって(外に一緒にいるとき、みーちゃんは、いつもとっても嬉しそうだった)

ずっとずっと一緒にいてくれたこと



お仕事に出かけていく私の後姿を、アパートの階段の上から
寂しそうに、見送ってくれていたこと



ちっちゃなお野菜畑で、オッサンと私が作業していた時

それは嬉しそうに、向こう~のほうから、賭けてきて

そのまま、(勢いあまって)ドボンと、田んぼの溜め水(?)の中に飛び込んでいったこと



こんな一瞬、一瞬が、私の宝物で

同時に

みーちゃんにとっても宝物なんだって感じたら

なんだか愛しくなって

『大好きだよ、チュ♪』

って嫌がるくらいやってあげた(笑)



なんで、こんなに愛しいんだろうなぁ・・・


来世、もしもみーちゃんが人間に生まれてきたりした暁には

私はきっとゾッコン惚れまくって

廃人になってしまうに違いない(笑)。  


Posted by まはろ at 01:26Comments(2)寛解期5/13~

2009年05月13日

みーちゃん速報!

診察行ってきました。なんと私から言わなくても、先生のほうから様子を見ながらこの状態が続くようならお薬のみで行きましょうと。
前回までは抗がん剤続けましょう、だったのに!!
やった〜!
水もほとんどなく体重も2.7キロ。一年前の体重と同じです!!(胸水の溜まりによる大きな変化がなくなりました)
お薬は心臓だけは毎日。ステロイド、抗生物質などは3日に一回とこちらも回数が減りました。
通院は次回も慎重に2週間後となりましたが、途中くしゃみやしゃっくりした日もありドキドキでしたが結果は良好で安心しました。
このまま更に良くなるように、そして白血病ウイルスが力を振るわないように、頑張っていきます♪
  


Posted by まはろ at 15:02Comments(9)寛解期5/13~

2009年05月13日

明日は通院日



↑ ちょっとだけ表情がわかる、らーちゃん(笑) 何か言いたげ。。。



明日は、みーちゃんの病院の日。2週間ぶりです。

正直、どきどきしています・・・

どうやって先生に伝えよう。

エコーで見て、水が溜まっていたりしたら、くじけるかも(笑)。

お薬も減らしていって欲しい、と伝えないと

いつまでも利尿剤飲んでいる意味がよくわからない。

頑張るぞー。

どきどきするぞー(笑)。


  


Posted by まはろ at 03:50Comments(2)寛解期4/29~